>  > 好みとかの問題を越えたかな

好みとかの問題を越えたかな

Hちゃんと楽しんできたのですが、彼女はここ最近の風俗の中で最高の「当たり嬢」な気がします。もはや彼女には好みだとかフェチだとか、そういった概念を超越する何かがあったんじゃないかなと。まず彼女、単純にとても可愛いです。はっきり言ってそこら辺のアイドルなんかよりも断然可愛いし、それでいて愛嬌もある。何より素晴らしいのが人見知りをしないので初対面のこちらにも物怖じしないでスキンシップも多いし、プレイでもアグレッシブだし。風俗嬢としてパーフェクトなんじゃないかなと思いますよね。それだけに彼女との時間はあっという間でした。70分のプレイでしたけど本当にあっという間に終わってしまったと感じました。だからまた次も彼女のお世話になりたいですね。いつもは風俗で抜くと当分はいいかなって気持ちになりがちなんですけど、その日に限っては抜いたばかりなのに「次も彼女に」って思ったんです。この自分の気持ちこそ満足感の表れですね。

昔を思い出させる子です

最近よく指名するRちゃん。彼女はなんとなく昔を思い出させる子なんですよ。なぜなら彼女、初めて付き合った女の子に似ているんです。もうかなり昔のことではあるんですけど、男ってノスタルジックじゃないですか。だから今でも覚えているんですけど、例え風俗ではあっても昔を思い出して、その風俗の時間だけはその彼女だと思って楽しませてもらっているんです。何となく自分でも気持ち悪いとは思いますけど、風俗は気持ちも大切だと思うんですよね。だからそういったドラマというか、ストーリーがある方が燃えられるので自分としては彼女相手だとかなり燃えるんですよね。それもあって自分自身、最近ではついつい彼女とのプレイを思い出したり、次はどんなプレイをしようかなとか、風俗で彼女と向き合っている時以外でもついつい彼女のことを考える時間が増えてしまいましたね。それくらいのめり込んでいるって点では良い風俗嬢と出会えたのかなとも思いますが。

[ 2016-09-07 ]

カテゴリ: 風俗体験談