>  > 錯覚してしまう魅惑の女の子

錯覚してしまう魅惑の女の子

錯覚させるって点では彼女程の風俗嬢はいないでしょうね。Hちゃん。彼女は本当にこちらに思わせぶりというか、その時間だけは恋愛しているかのような気持ちにさせてくれるんですよね。ただ単に快感をもたらしてくれるってだけじゃないんです。それだけでも風俗は別に良い訳じゃないですか。でもそうじゃないんです。彼女、本当にその時間だけは自分のことを恋人のように思ってくれているというか、言葉の一つ一つが素晴らしかったですね。それで思ったんです。もしかしたら彼女は自分のことが好きなんじゃないかと。そんな錯覚をしつつも彼女、いろいろとこちらを刺激してくれて。それに何より自分が刺激だなって思ったのは彼女との時間は最高でした。風俗ってやっぱり感情移入した方が断然楽しいと思うんですよね。さすがにドラマ…っていうのは大げさかもしれないんですけど、だからこそ錯覚させてくれたことでこちらの快感が高まる。彼女はプロだなって思いましたね。

山奥のホテルでのことです

とある山奥のホテルに女の子を呼んで楽しみました。こんなホテルにまで来てくれるなんてデリヘルは素晴らしい風俗だなと思いましたよ(笑)その日、ツーリングで宿泊したのがその山奥のホテルだったんです。予期していなかったんですよ。周辺には宿泊施設もないので不気味だなと思いつつ、そのホテルに入ったら宿泊OKとのこと。シャワーを浴びて少し落ち着くと、せっかくだからって気持ちになったので風俗のポータルサイトをチェック。いくらデリヘルを楽しみたいとはいえ、そもそもここまで来てくれるデリヘルはあるのかと。だから派遣可能なお店を探すって方針にしましたね。そして見つけたんです。早速電話すると20分くらいで行きますと。そしてその時間くらいで目の前にTがいました。古びたホテルでのプレイは想像以上に興奮させられましたね。デリヘルの良さはもちろんですが、「山奥」っていうシチュエーションが自分を燃えさせてくれたんじゃないかなって。

[ 2016-12-05 ]

カテゴリ: 風俗体験談